カラコンのメリットについて

オシャレアイテムは日本中にたくさん有ると思います。
そしてそのオシャレアイテムは目にも有って、目のオシャレアイテムとして人気が高いのが「カラコン」となっているのです。

そんなカラコンについてのメリットをご紹介してみましょう。
先ずは「イメージを手軽に変える事が出来る」と言うメリットが有ります。
カラコンは色が付いているコンタクトレンズの事になります。
ですからカラコンを着ける事で目に色味を付ける事が出来ると言う事なのです。

青いカラコンを着けると外人さんの様な印象を与える事が出来ますし、茶色のカラコンを着けると明るい感じの目元を印象付ける事が出来ると思います。
その色合いによって雰囲気を変える事が出来るのです。

更にカラコンの色味の直径部分の大きさによっても印象を変える事が出来ます。
自分の黒眼よりも大きい着色部分のカラコンを使う事によって、目をパッチリ見せる効果を期待出来ます。
この様にカラコンにはその人の表情や顔全体の印象を変える事が出来るのです。
こうした効果を気分や洋服に合わせて変えると楽しいですよね。その為に種類をいくつか用意しておくとよりカラコン生活を楽しめると思います。

次に目が悪く無くても楽しめると言うメリットが有ります。
通常コンタクトレンズは目が悪い人の視力を補強する道具として使われますよね。
しかしカラコンは目のオシャレを楽しむ為のアイテムとして有りますので、度が付いていないタイプのカラコンも有るのです。

目が悪くない人でもカラコンを着ける事が出来るので、簡単に手軽に目元のオシャレを楽しむ事が出来ます。

カラコンの店頭購入

インターネットで購入して実際に届いてみると、「思ったのと違った」と思うケースが結構多く、こうした事態を避けるために店頭で買いたいと考える人も多いようです。

カラコンを買う場合にも、店頭で実際に物を見てから買いたいと言う人は多いと思います。

カラコンを店頭で購入する場合、実際に装着する事やレンズ本体を手にとって見る事は出来ません。

店員さんの説明とパッケージを見て購入すると言う事になるので、店頭で買うのもインターネットで買うのもそれ程変わらないと言う事になります。

眼科が併設された店舗であれば、眼科で処方してもらってそのまま買いに行けるので、メリットが有ります。

カラコンを店頭で購入する場合、身分証明の為に書類に記入する場合が多いので、気軽にカラコンを買いたい人には不向きかもしれません。

欲しいカラコンが店頭にない場合には、在庫の中から選ぶことになりがちです。

店頭で買うメリット・デメリットを考慮して、自分にあった方法で購入しましょう。

カラコンのネット購入

カラコンは店頭よりもネットで購入する方が、自分に合ったカラコンを購入しやすいと言われています。

ネットでカラコンを購入するメリットは、好きな場所、好きな時間に購入する事が出来ることです。
店頭に行く暇が無くても、ネットだと夜中や移動中の電車の中でも購入する事が出来るのでとても便利です。

次のメリットは、店頭よりも安い価格で購入出来ることです。
インターネット上では格安で売られている事が有り、型番を調べた上で探して購入すると、品質も確かなカラコンを安く買う事が出来ます。

その他のメリットは、口コミ情報で、販売しているショップの評価や売られている商品の評価等、多彩な口コミ情報を見る事が出来ることです。

口コミを見る事で、自分が不安に思っている事も解消でき、購入する際の参考にできるので、とても大切な情報源として覚えておきましょう。

一方、ネット購入ではカラコンをすぐに入手出来ないので、直ぐに使う事が出来ないと言うデメリットがありますが、最近は注文した翌日や、遅くても2~3日で届くので、デメリットというほどではないかもしれません。

カラコンの購入には、インターネットでの購入も選択肢の一つに考えてみると良いでしょう。

有名人とカラコン

カラコンは、今やファッションの一部として芸能人から一般人まで多くのひとに親しまれています。

カラコンは多くの有名人がプロデュースしています。
若い世代に絶大な人気を持つ女優やモデル、アーティストなどがプロデュースしたカラコンを、若い女性が競って求めています。

「浜崎あゆみ」が手掛けたカラコン「Sweet Days」は人気が高く、Gacktが手掛けている「GACKT EYES」は若い世代だけではなく、幅広い年代に人気のカラコンとなっています。

「倖田來未」が手掛けたワンデーカラコン「loveil」、「北川景子」の「シードEye coffret 1day UV」、「益若つばさ」の「エンジェルカラー」など、多くの有名人がカラコンをプロデュースしています。

初めてカラコンを買うときは、変なカラコンは買いたくない、可愛いく見えるカラコンが欲しい、でもどこで買ったら良いのか分からないなど、初心者ならではの悩みがあります。

しかし、好きな有名人が手掛けているカラコンが発売されたら、その有名人を信頼して、そのブランドを買ってしまいます。

また、こだわりを持つ有名人がプロデュースしたカラコンであれば、信頼して使ってみたくなります。

まずは「あの人と同じ瞳になりたい」と言う憧れを現実にするために、好きな有名人がプロデュースしているカラコンを選んでみてはいかがでしょうか。

カラコンの購入には処方箋を

カラコンの購入は、眼科で目の検診を行い、カラコンの処方箋を貰う事が一般的な流れとなっています。

医師の処方で、使用者は適切なカラコンを選択でき、安全にカラコンを楽しむ事が出来ます。
最近は眼科を併設したコンタクトレンズ店でカラコンを販売することも多く、その足でカラコンを購入する事が出来る様になりました。

一般的に、眼科を併設した店舗で購入するカラコンは値段が高く、インターネットで安く購入したいと考える人も増えています。

インターネットでカラコンを販売している所は数多く有りますが、ネット販売業者は厚生労働省の許可を得ており、高度管理医用機器等販売の申請を出した上で販売しています。

ネットショップは医師の処方箋の提示を明示しているので、医師の処方箋を提示してから購入することになります。

眼科によっては、併設のカラコンショップでの購入を条件に処方箋を出す所もあるようなので、処方箋を貰う前に、ネットショップで購入する為に必要なことをしっかり伝えましょう。

処方箋が面倒だと言う事で、薬事法が適用されない海外の通販サイトから、度有りのカラコンを自己責任で購入する人も多い様ですが、安全の為には止めた方が良いと思います。

カラコンと薬事法

カラコンは度無しと度有りが有り、度無しは度が入っていないダテメガネと同じ「雑貨品」として取り扱われていました。

そのため、度無しカラコンは医師の処方箋無しに購入する事が出来、インターネットや雑貨屋で簡単に買えるオシャレ用品でした。

カラコンはメガネと違って、直接目に入れる器具であるため、目の炎症や失明の危険など、度無しカラコンの品質に明確な基準が無い状態で販売されていたため、様々なトラブルが発生していました。

そのため、厚生労働省は、度無しのカラコンに対しても通常のコンタクトレンズと同様に薬事法の規制対象とするようにしました。

規制は2009年から施行され、度無しカラコンも国の許可を得た所でしか販売出来ない様になり、度無しカラコンは処方箋は不要でも、カラコンを取り扱う許可を得ている店舗で専門の管理者がいる所でしか買えません。

カラコン販売者は、カラコンを使用する事で起こり得るリスクの説明義務が発生する様になりました。

現在、インターネットでカラコンは買えますが、管理責任者がいて詳細な情報が提供されるところを選びましょう。

カラコンを安全に使用するためには、しっかりとした販売者から購入する事が重要です。

カラコンの種類

カラコンは大きく分けて、「リングタイプ」と「サークルタイプ」の2つのタイプが有ります。

「リングタイプ」のカラコンは、目の黒眼部分が透明で目の縁の部分に色が付けられ、真ん中の黒眼の部分は透明なので、色が視界の邪魔することなく、スッキリと付ける事が出来ます。
リングタイプのカラコンは、目を美しく濃く見せる事ができ、キレイな目を印象付ける事が出来ます。
瞳が大きく、白目の部分が少なくなる事から、目のバランスがよくなって可愛らしさを演出できます。

「サークルタイプ」はレンズの縁側に着色がされているレンズで、黒眼を大きく見せる効果が期待出来、黒眼が大きくなる事で目に輝きを出す事ができます。

カラコンメーカーによって、色が付いているサークル部分の大きさや、着色のデザインも異なるので、好きな大きさのメーカーのカラコンを選びましょう。

カラコンは着色部分が違うタイプと、通常のコンタクトと同じ様にワンデータイプ、2週間使える2ウィークタイプ、1ヶ月使えるマンスリータイプと、期間で選ぶタイプがあります。

使用頻度が少ない場合はワンデータイプ、毎日使いたい場合はマンスリータイプを選ぶと良いでしょう。

期待する効果や用途、頻度によって、購入するカラコンの種類を選びましょう。

カラコンとは?

「カラコン」は何のことか分かりますか?
若い人にはよく知られていますが、カラコンはカラーコンタクトの略称で、通常のコンタクトレンズとは異なり、黄色、赤、緑など、色が着色されているコンタクトレンズのことです。

青いカラコンを装着すると、青い目の欧米人のような印象になり、カラコンでイメージを変えることが出来ます。

最近では黒眼を大きくして瞳パッチリ効果をPRしているカラコンもあります。
以前は、カラコンは視力補強用ではなくファッションとして捉えられ、医療器具では無くて雑貨として取り扱われていた為、コンタクトレンズ購入時に必要な処方箋は不要でした。

カラコンは目の色を変えるオシャレ道具として使用された結果、目に炎症を起こすと言う危険性から薬事法の対象として規制されました。
その結果、現在では安心して装着する事が出来るようになりました。

カラコンは目の色を変えて楽しむオシャレですから、その人の眼を見なければ分からないため、さりげないオシャレを楽しみたいと思っている方は、一度カラコンを試してみてはいかがでしょうか。
ランキングetc

ブログランキング

QRコード
このサイトは携帯にも対応しています。
RSS
RSS 1.0
RSS 2.0

美人革命