ちょっとした疑問として思う事に、視力が悪い人でもカラコンを着けて大丈夫なのだろうかと言う事が有ると思います。
視力が悪い方でコンタクトレンズを着けている人も多いと思いますが、カラコンも同様に着ける方がいると思います。

カラコンには度付きの物も有るので、視力が悪くてでもオシャレをしたくてカラコンを着けたいと思っている方にとってはちょっと不安な事だと思うのです。
昔はカラコンは医療機器として扱われていなかったので、こうした不安も出てきたと思うのですが、今現在は医療機器として取り扱われていますので、カラコンも普通のコンタクトレンズも同様の物と見て良いと思いますので、必要以上に怖がる必要はないでしょう。

しかしカラコンはコンタクトレンズですので目に直接着けて使うタイプの物になります。
メガネと比較して目に与える負担は大きいと思っておかなくてはいけない為に、取り扱い方には注意しておく必要が有ります。
何よりも大事なのはカラコンの選び方と、カラコンのケアの仕方に有ります。

自分の眼の大きさに合ったカラコンを選ぶとか、着け心地が良いカラコンを選ぶとか選び方をきちんとする事が大切ですし、ワンデーであれば必ず毎日取り替えるとか、ワンデーじゃなければ毎日正しいケアをしてカラコンを使う様にするとか、そうした事だと思います。

視力が悪いからカラコンが着けられないと言う事ではなく、正しい知識を持っていればカラコンを存分に使って頂いて良いと思いますよ。