ワンデータイプのカラコンであれば特にケアをする必要はなく、使い捨てで毎日清潔なカラコンを使う事が出来るので良いのですが、それ以外のカラコンを使っている方はきちんとカラコンをケアしておかないと目に大きなダメージが加わってしまい、トラブルを引き起こしてしまう可能性が出てくる為に注意をしなくてはいけません。

いくら最近のカラコンは医療機器として認定されていて、比較的安全な物として取り扱われている物だとしても、ケア自体が正しく行われていないと目にトラブルを引き起こす原因を蓄積させてしまいますので危ないのです。
ですからカラコンは通常のコンタクトレンズと同様に、使い終わったらきちんとしたケアをして大切に保存しておく必要が有るのです。

目にはたくさんの雑菌が潜んでいます。そしてたんぱく質も有ります。これらがカラコンのレンズに装着する事で付いてしまうのです。
この雑菌やたんぱく質を装着後はしっかりと取り除いてあげなくてはいけない為に、専用の洗浄液を使って除去してあげる必要が有ります。
この時洗浄液では無くて水道水を使ってしまう方もいるのですが、出来るだけ洗浄液の方を使う様にしてください。

その後に保管する時も専用のケースに洗浄液を入れて、その中に浸す様に入れて保管して下さい。
ケースに入れて保管する際、誤ってレンズを挟んでしまって傷を付けてしまう方もいるのですが、挟んでしまうと傷が付いてしまい、それ以降使えなくなってしまいますので注意して下さいね。