カラコンは水に浸けて大丈夫なのでしょうか

ファッションの一部として使用者が多いカラコンですが、着けて遊びに行く事も大勢の方が行っていると思います。
夏になるとプールや海に遊びに行く人もいると思いますし、冬になると温泉に行ってお風呂に入るとか色々水に入る事が有ると思います。

そんな時にふとした疑問を持つと思うのですが、カラコンを着けたままプールや海に入ったり、お風呂に入ったりしても大丈夫なのでしょうかと言う事です。
基本的にカラコンは専用の洗浄液で洗う様になっていて、水道水でゴシゴシ洗うのも控えた方が良いと言われていますので、海の海水や、プールの塩素水にカラコンを浸けてしまうのはダメだと思うのです。

もちろんコンタクトを着けていないと何も見えないと言う方もいるでしょうが、その場合はカラコンを濡らさない様にしっかりとガードして入る様にしてください。
海水や水道水がカラコンを濡らしてしまう事で、目に痛みが出る等思わぬトラブルが引き起こされる危険性も有ります。

またレンズ自体を破損させてしまう危険性も有りますので注意して下さい。
万が一プールや海や温泉に行ってカラコンを濡らしてしまった場合は、専用の洗浄液で洗ってもらえれば基本的には大丈夫と言う事ですが、オススメとしては濡らしたカラコンは使わない様にして頂ければと思うのです。

どちらにしても水が有る場所でカラコンを始め、コンタクトレンズをしていると外れやすくなる事も有ります。
外れてしまうと見つからなくなってしまいますので、出来ればワンデータイプの使い捨ての物を装着していく様にすると良いでしょう。

カラコンは最初異物感が有るかもしれません

目に異物を入れるのですから、カラコンを入れるとどうしても異物感が出てくると思います。
やはり今まで入っていなかった状態でカラコンを入れるのですから、その状態に慣れるまでは暫くかかると思います。

その慣れるまでの時間は個人差が有りますし、必ずしも慣れる物でも有りませんが、大抵の場合は慣れると思いますので、あまり無理せずに徐々に慣らしていって下さい。
最初は1時間だけ着ける。その後半日、1日と徐々に時間を延ばしていきましょう。

カラコンは普通のコンタクトレンズよりは厚みが有る仕様になっていますので、目に負担がかかりやすくなっています。
通常のコンタクトレンズと同じ様に使おうと思っていると、ビックリするかもしれませんので、普段コンタクトレンズを使っている人でも、カラコンを最初に使う場合は徐々に慣らしていきましょう。

それでもどうしても慣れないと言う方もいると思います。その時はカラコンの使用を止める様にしてください。
たまにしかカラコンを使わないと言う場合は、その都度違和感を感じるかもしれませんが、その場合は毎日使う事は出来るだけ控え、目に負担をかけない様に慣らしていってくださいね。

どうしてもダメな場合は眼科に行って相談すると言う方法も有りますので、諦めないでカラコン生活を楽しむ様にすると良いでしょう。

カラコンを装着して違和感が有るのは当たり前の事ですので、ビックリせずに徐々にカラコンを目に慣らしていって下さいね。

カラコンのデザインについて

カラコンのデザインについては色々有りますので、いくつかご紹介してみましょう。

先ずはカラコンには「黒コン」と呼ばれている物が有ります。
カラコンはカラコンでも黒のカラコンになり、黒眼をハッキリ大きく見せたい時に使うと効果が高いカラコンになります。
黒い部分は黒眼の部分となっていて、真ん中に近くなる程グラデーションっぽくなっていますので、自然な感じの瞳になります。

次に「ノーマル」タイプのカラコンになります。縁が無くグラデーションにもなっていないタイプのカラコンになります。
透明な部分が瞳を透かして見せてくれるので、自然にパッチリとした目に見せる様な効果が期待出来ます。

次は人気が高いタイプで「グラデーション」タイプになります。縁取りがされていて、2~3種類の様に複数の色味を使ってレンズに着色しています。
この色合いのグラデーションによって、グラデーションになっていても目の色に自然に溶け込んで馴染む様になっています。

上記とは違ってインパクトを出したいと言う方にオススメなのが「ディスコレンズ」と言うタイプのカラコンで、ブラックライトに当てる事で光を放つレンズとなっています。
イベント時にこのカラコンを着ける事で、注目を浴びると思いますよ。

次に「マジックレンズ」と言うタイプのカラコンになります。柄が付いていたり目の色を変えてしまうと言う様に特殊な色を使ったり、特殊な柄を使ったりして出来ているカラコンになります。

カラコンはレンズを見ただけでこうなるだろうと言う予測は出来ますが、実際に付けてみないと発色の仕方も個人差が有りますので、色々と試してみてはいかがでしょうか。

カラコンはドライアイの人でも着ける事が出来るのでしょうか

芸能人の方やモデルの方等がテレビや雑誌でアップで映っている画像を見てみると、目にカラーが付いている方が多い様に思えます。
これはカラコンを着けている人が多いと言う事が伺えるでしょう。

カラコンを使う事で目により強い存在感を出す事ができ、その人の印象を大きく変える事が出来ると思うのです。
そんな状態に憧れて自分もカラコンを着けたいと思う方も多いと思いますが、意外に今の日本人の方でドライアイだって言う人が多い様に思うのです。

ドライアイだとコンタクトレンズは辛いのではないか、炎症を起こしやすいのではないかと敬遠してしまう方も多いと思うのです。
もちろんカラコンを着ける事で目に負担をかけてしまう事は間違いないのですが、カラコンに対する正しい知識を持った上で装着する様にすると、問題無くカラコンライフを楽しむ事が出来ると思います。

またコンタクトレンズの取り外しに不安が有ると言う方も、これについては慣れですので何度も試してみて慣れていく様にしてください。
最近ではドライアイに対応したレンズを使ったカラコンも登場していますし、ドライアイの方がコンタクトレンズを使った時用の眼薬も有ります。

こうしたドライアイ用のアイテムを上手に使う事でドライアイの方でも問題無くカラコンを楽しむ事が出来ます。
もちろん全てのドライアイの方が大丈夫と言う訳では有りませんし、試してみてやっぱり駄目だったと言う方もいますので一概に言えませんが、一度カラコンを試してみてどんな感じか感じてみると良いと思いますよ。

カラコンを正しく装着しましょう

コンタクトレンズ同様に、カラコンに関しても着ける時が一番大切なポイントとなります。

メガネは耳と鼻にかけて、レンズを通して視力を矯正する物なので目に直接装着しませんが、カラコンやコンタクトレンズは目の中に有る角膜に直接着ける物ですので、間違った装着方法をしてしまうと目にトラブルを起こしてしまう危険性が有ります。

目はとても大切な物ですので、傷を着けない様に正しいカラコンの装着方法を覚えておきましょう。
先ず手をキレイな状態でカラコンを着ける様にしましょう。
手には色んな所で雑菌が付いてしまうと思います。その雑菌が手から目に入ってしまうと炎症を引き起こしてしまうかもしれないのです。
カラコンに雑菌を移さない様に殺菌効果が有る石鹸で手を洗ってからカラコンを触って目に入れる様にしましょう。

次に出来れば爪を短く切っておくと良いですよね。爪が長くても器用にカラコンを装着できる人も多いと思いますが、最初の内は慣れなくて必死になってカラコンを装着しますので、爪が目を傷つけてしまうかもしれません。
そうならない為にも爪は短く切っておくと良いでしょう。

最後にカラコンを着ける際にはレンズの表と裏を間違えない様に着ける様にしてください。
キレイな円球を描いているのが正しい方向になります。裏表が反対になっていると、レンズの下の部分がキュッと反ってしまっている様な感じになりますので、見た目でも分かりやすいと思いますので注意して下さい。

間違って裏表を着けてしまうと、目に物凄い違和感が生じると共に、トラブルの原因となってしまいますので注意して下さいね。

カラコンが届いたら

カラコンをインターネットで購入して家に届いたら早速使ってみたいと思いますよね。
でも直ぐにカラコンを箱から出して装着するのではなくて、いくつか確認してから着ける様にすると安心して着けられると思います。

先ずはカラコン自体に傷が無いかどうかを確認して下さい。出来れば容器から出さない状態で確認出来ると良いですね。
透明な容器に液体とカラコンが入っている様な感じだと傷が確認しやすいので、容器から出さないで確認をしましょう。
この時カラコンに傷が付いていたら、開封しない状態で送ってきた業者に傷が有る旨を伝えて送り返して下さい。

また容器から取り出した後で傷が見つかった場合でも業者に送り返すと良いでしょう。
こうする事で大抵の場合は新しいカラコンを送り直してくると思いますよ。
但し、返品に関する注意事項をよく確認した上で送り返す事が大切ですので、なんでもかんでも送り返さない様にしてください。

次に装着する前に一度カラコンを専用の洗浄液で消毒をしてから着ける様にすると目にとって安心に着けられると思います。
この消毒する時にレンズをごしごしと洗う場合が有るかもしれませんが、力を入れ過ぎてしまうと傷を着けてしまう可能性が有りますので、力を入れすぎずに洗う様にしてくださいね。

この時に使う専用の洗浄液は購入時にカラコンに付いてくる場合も有るでしょうし、無い場合も有ります。
無い場合はお近くのドラッグストア等に行って洗浄液を買う様にしてくださいね。

カラコンをきちんとケアしましょう

ワンデータイプのカラコンであれば特にケアをする必要はなく、使い捨てで毎日清潔なカラコンを使う事が出来るので良いのですが、それ以外のカラコンを使っている方はきちんとカラコンをケアしておかないと目に大きなダメージが加わってしまい、トラブルを引き起こしてしまう可能性が出てくる為に注意をしなくてはいけません。

いくら最近のカラコンは医療機器として認定されていて、比較的安全な物として取り扱われている物だとしても、ケア自体が正しく行われていないと目にトラブルを引き起こす原因を蓄積させてしまいますので危ないのです。
ですからカラコンは通常のコンタクトレンズと同様に、使い終わったらきちんとしたケアをして大切に保存しておく必要が有るのです。

目にはたくさんの雑菌が潜んでいます。そしてたんぱく質も有ります。これらがカラコンのレンズに装着する事で付いてしまうのです。
この雑菌やたんぱく質を装着後はしっかりと取り除いてあげなくてはいけない為に、専用の洗浄液を使って除去してあげる必要が有ります。
この時洗浄液では無くて水道水を使ってしまう方もいるのですが、出来るだけ洗浄液の方を使う様にしてください。

その後に保管する時も専用のケースに洗浄液を入れて、その中に浸す様に入れて保管して下さい。
ケースに入れて保管する際、誤ってレンズを挟んでしまって傷を付けてしまう方もいるのですが、挟んでしまうと傷が付いてしまい、それ以降使えなくなってしまいますので注意して下さいね。

視力が悪くてもカラコンを着けて大丈夫なのでしょうか

ちょっとした疑問として思う事に、視力が悪い人でもカラコンを着けて大丈夫なのだろうかと言う事が有ると思います。
視力が悪い方でコンタクトレンズを着けている人も多いと思いますが、カラコンも同様に着ける方がいると思います。

カラコンには度付きの物も有るので、視力が悪くてでもオシャレをしたくてカラコンを着けたいと思っている方にとってはちょっと不安な事だと思うのです。
昔はカラコンは医療機器として扱われていなかったので、こうした不安も出てきたと思うのですが、今現在は医療機器として取り扱われていますので、カラコンも普通のコンタクトレンズも同様の物と見て良いと思いますので、必要以上に怖がる必要はないでしょう。

しかしカラコンはコンタクトレンズですので目に直接着けて使うタイプの物になります。
メガネと比較して目に与える負担は大きいと思っておかなくてはいけない為に、取り扱い方には注意しておく必要が有ります。
何よりも大事なのはカラコンの選び方と、カラコンのケアの仕方に有ります。

自分の眼の大きさに合ったカラコンを選ぶとか、着け心地が良いカラコンを選ぶとか選び方をきちんとする事が大切ですし、ワンデーであれば必ず毎日取り替えるとか、ワンデーじゃなければ毎日正しいケアをしてカラコンを使う様にするとか、そうした事だと思います。

視力が悪いからカラコンが着けられないと言う事ではなく、正しい知識を持っていればカラコンを存分に使って頂いて良いと思いますよ。

カラコンは危険なコンタクトレンズなのでしょうか

カラコンに付いて一度は聞いた事が有る人もいるかと思いますが、カラコンを装着した事によって失明してしまったとか、目に何らかの炎症を出してしまったと言う事から「カラコンを作る時に有害物質が含まれているのではないか」と言われた事が有ったそうです。

その理由としてはカラコンにはレンズに色を付ける為に色素を使っていて、その色素に有害物質が含まれていて目に溶けだしてしまったからではないかと言われていたのです。
カラコンの粗悪品の中には色味を出す為の色素がレンズにちゃんと固定されておらず、目に溶けだしてしまう物が有る事も有る様ですが、その色素自体が有害物質であると言う事は殆ど無いと言う事を覚えておきましょう。

今現在のカラコンは医療機器として捉えられて扱われていますので、きちんとしたルールの元で製造されています。
その為に安心安全に装着できる様に作られているのです。
ですから有害物質を使って作られている事も絶対とは言い切れませんが、殆ど無いと思って頂いていいと思うのです。

とは言うものの、カラコンによって失明したとか、炎症を起こしてしまったとかそう言った事例は今後も無いとは言い切れません。
そうしたトラブルを引き起こす原因は自分に合わないカラコンを使っているとか、正しい装着方法をしていないとか、ケアを怠っているとかそうした別な事が原因として挙げられると思うのです。

こうしたトラブルを無くす為にも、正しい使い方をしたり、正しいケアをしたりして目を守りながら使って行く様にしましょう。

カラコンのデメリット

目のオシャレを楽しむ事が出来ると言うメリットが有る反面、当然カラコンにはデメリットも有ると言う事を覚えておいて頂きたいのです。
カラコンのデメリットと言うと「安全性」と言う事が挙げられます。

今のカラコンは医療機器として取り扱われている為に、安全で安心して使って頂く事が出来る様になっていますが、通常のコンタクトレンズよりは安全性に劣ると言うデメリットが有ります。

その原因はカラコンの特徴でも有る着色部分に有るそうです。
着色部分についてはレンズの酸素透過性が低くなってしまうと言う事が分かっています。
これによって目に酸素を送り込む率が低くなってしまう為に、目の角膜自体に影響が出てしまう可能性が低いですが有るのです。

また着色されているコンタクトレンズを使うと言う事は、いつもサングラスをかけているのと同じ様に視界に色味が付いている可能性も高いので、目の視界が少し悪くなり、目が疲れやすくなってしまうと言うデメリットが有り、これが視力低下の原因になる事も有るのです。

また最近は安全性が高いカラコンを使う人が増えてきていますが、安さを求めて未認可のコンタクトレンズを海外やインターネットから購入して使う事で、質が悪いカラコンを使う可能性が出てきます。
質が悪いカラコンの場合、着色部分の色素が目に溶けだしてきてしまう可能性も秘めている為、目に悪影響を及ぼす危険性も有るのです。

こうしたデメリットをきちんと把握して、購入する際には眼科医の処方箋を取得した上で、安全性を追及して使う様にして、カラコンのオシャレを楽しんでくださいね。
ランキングetc

ブログランキング

  • SEOブログパーツ
track feed カラコン
seo great banner
QRコード
このサイトは携帯にも対応しています。
RSS
RSS 1.0
RSS 2.0
Powered by CSM2


美人革命